今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
美顔器の手入れ方法

2017年3月18日

 女性の美に対する意識は幾つになっても衰える事なく、街のエステティックサロンなどは常に賑わっております。それに伴い家庭用美顔器の普及もめざましく伸びてのおります。しかし機械物なのでいつかは故障してしまいます。同じ機械でも使い方次第で10年以上動き続ける物もあれば、たったの数年で動かなくなってしまう物もあります。使い方や手入れによって機械の寿命に直結する場合も御座います。そこで今回は美顔器のお手入れについてお話致します。
 超音波や赤外線、スチーマーまで様々な種類の美顔器がありますので、個別の説明は出来かねますので、あくまでも一般的な物としてお考え下さい。

①電源部分の故障
代表的な故障箇所で多いのが電源に関する物です。こちらは素人判断でいじると火災や感電にもなる恐れがあります。ですので普段使いの時はコードが引っ張られたり、捻れた状態での使用はお避け下さい。
②ボウルの箇所の故障
水を張った状態で顔を着けたりするタイプは、そこの部分が何かしらの電気部品に接する箇所がありますので、長時間水を張ったままの状態にするのはNGです。使用が済んだら水気を取り除いて下さい。
③ヘッド部品の汚れ
手で持って顔に当てながら動かすタイプのヘッド部品の汚れを気にして、丸ごと水洗いをされる方がいらっしゃいますが、故障の原因になるのでお止め下さい。汚れた場合は乾いた布なので拭いて下さい。
④充電式のトラブル
レーザー式や赤外線式は充電が満たされていないと十分な効果が得られない場合もあります。継ぎ足し充電可か否かを確認して説明書通りの充電方法で充電して下さい。
※充電地は消耗品です。メーカー推奨の期限での交換をお勧めします。
⑤スチーマータイプの故障
一番多いのが目詰まりです。皮脂の汚れや、タンク内の不純物が詰まる場合があるので、タンク内の水分はあまり貯めすぎないで使い切る程度で詰まるケースは免れると思います。

 ここに挙げた事はあくまでも一例ですので、機種によっては例外も御座います。機械のトラブルが起きたら、必ず説明書をお読みになって下さい。それでも解消しない場合はメーカーにご相談下さい。一般的な美顔器の耐久年数は7年から10年です。(早いものは5年程度で寿命を迎える場合もあります)また、多いケースとして「イオンの効果が分からない」事をよく耳にしますが、元々イオン効果は目に見えないし、無味無臭無感覚なので効いているのか、いないのかもわかりませんので、信じて使い続けてみて下さい。

美顔器の手入れ方法